安値(やすね)

安値(やすね)とは【FX用語辞典】

画像はクリックすると大きくなります。

ブログランキングに参加しています!

応援クリックしていただけたらとても嬉しいです^^

  にほんブログ村 為替ブログへ

安値(やすね)とは【FX用語辞典】

【読み方:やすね Low price (low)】

こちらの記事は移動しました。記事の詳しい内容についてはこちらをご覧ください→ 安値の意味

FXチャートとローソク足の基本の見方をわかりやすく!

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

  にほんブログ村 為替ブログへ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです^^

11 件のコメント

  • […] 日や週、月、年など、ある期間において、最後に取引された値段のことを指し、その日、最後に付いた値段は「引値」とも呼ばれます。また、四本値とは、マーケットにおいて、ある期間(時間)を区切って相場の値動きを示す時に、始値・高値・安値・終値の4つの値段のことをいいます。 […]

  • […] 一般にマーケットにおいては、下げ相場(下落トレンド)では、一気に大底を付けることは少なく、若干の戻しを繰り返しながら数度にわたって安値を更新していき、その際に最初の安値を「一番底」、次の安値を「二番底」、その次の安値を「三番底」と言い、そして最も安いところを「大底」と言います。 […]

  • […] 大底は、マーケット全般で使われる用語で、循環相場の最安値で、相場が最も下落した状態のことをいいます。これは、中長期的に見て、それ以上の水準に下落することはないだろうという目安になる安値とされます。ただし、大底をつけたという判断は、その後の相場つきの変化によってなされるのが一般的です。 […]

  • […] 一般にマーケットにおいては、下げ相場(下落トレンド)では、一気に大底を付けることは少なく、若干の戻しを繰り返しながら数度にわたって安値を更新していき、その際に最初の安値を「一番底」、次の安値を「二番底」、その次の安値を「三番底」と言い、そして最も安いところを「大底」と言います。 […]

  • 大底 | FXBOOTCAMP|FXの基本チャート分析レイ・キリマンジャロ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です