押し目買いと戻り売りの基本をわかりやすく!

押し目・戻りポイント!目安はトレンドライン|FXBOOTCAMP

画像はクリックすると大きくなります。

ブログランキングに参加しています!

応援クリックしていただけたらとても嬉しいです^^

  にほんブログ村 為替ブログへ

押し目買い・戻り売りを意識して利益最大化!

今回、トレンドフォローが大切だと学びましたが、実際にどのタイミングで取引を始めれば良いでしょうか。ここでは、「押し目買い」と「戻り売り」というテクニックをご紹介します。

参考記事→ https://evahks.com/blog-written-for-fx-inexperienced-beginners/

押し目買いロングのポイントFXBOOTCAMP

上昇相場のとき、押し目買いのロングで取引する時のポイントは、①③よりも、②④で買うほうが値幅を稼げます。

 戻り売りショートのポイントFXBOOTCAMP 下降相場のとき、戻り売りのショートで取引する時のポイントは、⑤⑦よりも、⑥⑧で売るほうが値幅を稼げます。

押し目・戻りポイント!目安はトレンドラインFXBOOTCAMP

押し目買い・戻り売りを理解するには、トレンドの形を意識すると良いでしょう。

トレンドは、一方向に向かっているようでも、細分化してみると上がったり下がったりを繰り返しているものです。

であれば、ロングの場合はより下がったときに、ショートの場合はより上がったときに取引を開始すると一段と値幅を稼げることになります。

これが押し目買い、戻り売りという考え方になります。

上昇トレンドでは押し目を、下降トレンドでは戻りを狙うことで利益を最大化を図りましょう。

補足:トレンドラインで取引のタイミングを明確にするために、チャートにトレンドラインを書き入れておくと良いでしょう。

決済の目安「チャネルライン」

トレンドラインを引くことによって、トレンドの押し目や戻りが分かります。

では、それがどこまで伸びていくのか知るためには、チャネルラインというものを用います。

チャネルラインは、トレンドラインを平行にコピーするだけで作られます。

すると、両ラインのなかで値動きが推移していることが、視覚的に見て取れるようになるはずです。これを取引に活かしていきます。

具体的には、トレンドライン付近から取引を始め、チャネルライン付近で決済するといった流れをとります。トレンドが続きやすいというFXの特性を活かした基本戦略です。

関連記事

参考記事→ https://evahks.com/blog-written-for-fx-inexperienced-beginners/

→ FX初心者が最初に読むFXブログ

→ FX3種類のトレードスタイル

→ FXチャートとローソク足の基本の見方をわかりやすく!

→ FX「トレンド」と「もみあい」の基本をわかりやすく!

→ FX「抵抗」の基本をわかりやすく!

→ FX「水平線」の基本をわかりやすく!

→ FX損切りする2つの理由とリスク管理徹底の重要性をわかりすく!

→ 心の影響がモロにでるトレードの特徴と対処方法

→ FX1日の相場の流れマーケットが開く時間帯

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

  にほんブログ村 為替ブログへ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです^^

10 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です