「運勢達観」の意味

運勢達観【為替金言集】FXBOOTCAMP

画像はクリックすると大きくなります。

ブログランキングに参加しています!

応援クリックしていただけたらとても嬉しいです^^

  にほんブログ村 為替ブログへ

運勢達観【為替金言集】FXBOOTCAMP

【運勢達観】

自分の意思では、どうしようもない現象を運勢という。

ものごとは流動し、悲運もあれば幸運もある。

泰平も戦乱も、繁栄も衰落も、人間社会に避けられない流動で、相場の損得にしてもそれは同じである。

このことをしっかりとわきまえておれば、焦ったり、怒ったり、絶望したりしない。

またの機会に力をためていくことになる。

ー 為替金言集 ー

FXと運と年末ジャンボ宝くじ

はじめに、このコラムは宝くじを批判する目的で書いたものではありません。

・・・・・・・

FXは運によって勝敗がもたらされるのか?

いや、私はそうは思わない。

積み重ねた経験と知識をもって、勝ち続けられる世界だと私は思う。

借金返済や一攫千金を狙ってFXを始める人もいるかもしれないが、宝くじを買う人も同じようにそんな期待を込めてクジを買う人もいるのではないだろうか。

例えば、年末の宝くじ売り場では、様々な種類の宝くじで溢れ、年末ジャンボを買う人で賑わっている。FXと宝くじを比較すると、FXの方が期待値としては圧倒的に高いと私は思う。それは、実践と勉強を続けていければ、という条件付きではあるのだが。

宝くじについての、深い知識を持ち合わせているわけではありませんが、もしかしたら毎年何千万、何億円と当てる猛者も世界のどこかにいるのかもしれない。しかし、少なくとも私は宝くじを買って一攫千金を狙うよりも、しっかりと為替(FX)の勉強をして、いつでも稼げる実力をつけたいと思うのだ。

宝くじは一度、何千万何億円を当たったとしたら、それを種銭にして増やしていければ良いのだが、運用がうまくいかなければ基本的に一度きりの大当たりで終わる。つまり、消費活動としてお金を使っていればいつかそのお金も尽きてしまうということです。

私の知り合いでも、何百万円とか何千万円当てたという話しは聞いたことがありますが、あまり良い話しを聞いたことがありません。何百万円当てた人は知り合いの経営者ですが、数百万円当たってもすぐに使ってしまうそうだ。その人はみんなに奢ってすぐ使ってしまったと。

何千万円当たったという人は、お金に困った友人にそのお金を全部あげたそうです。しかし、その後その友人は…。ここでは詳しく触れませんがまたの機会に書こうと思います。

私は、宝くじを買うお金があるのなら、お金を生み出し続けるものに投資したいと考えます。例えば、本を買ったり健康管理のために野菜の苗を買ったり。もし、私がまだFXを始めていなかったとしたら少額資金からFXを始めてみるとか、そうしたお金の使い方をします。

もし、「」というものがあるとすれば、自分の努力次第でを引き寄せることができるのがFXだと私は思います。宝くじを当てるための努力の仕方が私には見えてきませんが、FXならば努力の仕方が見えてくる。

そこを大切にしたい。

例えば、FXの専門用語を覚えるとか、チャートを観察して相場観を養うなど、できることがたくさんあるのだ。自分を高めることができる。毎日24時間、成長を感じることができる。それが面白いのです。

宝くじも夢があって面白い。

宝くじで稼ごうとすることを否定するつもりはありませんが、FXはなんというか、部活で汗を流していた時の情熱を思い出させてくれる。青春をくれる。私にとってはそんな世界なのです。自分の力量次第でどこまでも際限なく可能性を広げていけると感じさせてくれるのです。この記事をご覧になっているあなたに、FXの魅力が伝われば嬉しいです。

今回、時期的なものも合間って宝くじと絡めたFXのコラムを書かせてもらいました。私もこれからもまだまだ勉強を続けて、FXを極めていこうと思います。

一緒に学んでいきましょう!

レイ・キリマンジャロ

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

  にほんブログ村 為替ブログへ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です