ローソク足とは

画像はクリックすると大きくなります。

ブログランキングに参加しています!

応援クリックしていただけたらとても嬉しいです^^

  にほんブログ村 為替ブログへ

FXローソク足チャート見方の基本|FXBOOTCAMP

ローソク足とは?

ローソク足は、一定期間の値動きを「実体」と「ヒゲ)」の2つの部分で表したものをいいます。

ローソク足の歴史

ローソク足の歴史を見ていきましょう。

ローソク足は、日本の江戸時代に出羽国(現在の山形県酒田市)の豪商・本間宗久が考案したもので、形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名前が付けられています。(英語では、「Candlestick(キャンドルスティック)」と呼ばれています)

続きは移動しました。この記事の詳しい内容はこちらをご覧ください→ ローソク足の基本図解

FXチャートとローソク足の基本の見方をわかりやすく!

Follow me!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです^^

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!

  にほんブログ村 為替ブログへ

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです^^

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です